So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の1件 | -

【くらやみ祭イラストガイド(仮)制作絵日記】⑫ [お祭り関連]

第12話まんとう.jpg

(その12:「神社の許可は必要ですよ」と言われました、が。)(監修&校正編)

2018年9月~10月
下書きが順次仕上がってくると、今度は内容を監修(校正)して
頂く作業を行いました。
今までお話をお伺いした方の中から数名、町内や学術者の方に
お願いして、全体の内容に間違いがないかどうかを多角的に
確認して頂いては修正を繰り返しました。
しかし、ご神事に関する項目だけは専門の神社の方でないと
わからないものが多く、ここでの交渉は少しだけ時間を要しました。

まず最初に祭儀担当の方にお会いして、企画の説明を聞いて
頂いたのが2017年の年末の事。
その後も質問事項などをご相談させて頂いたのですが、
神社側としては個々人が行っている制作活動に対応するのは
少し難しいらしく「正式に出版社や担当さんが決まれば、ご協力
できるかもしれませんが」と伝えられました。

確かに各々が「こういう作品作りたいな」と思いついてその都度
神社に押しかけたら、対応してもキリがないし大変です。
「確かにそれはそうかも」とその時は納得し、わからない箇所は
そのまま保留にして描き進めました。

それから約8か月後、ようやく「出版社が決まりました。
ご相談に乗って頂けますか」とご連絡する事が出来ました。
が、しかし。今度はお忙しいせいもあってか、メールやお電話が
なかなか担当の方と繋がりません。それでも9月に入った頃、
ようやく連絡がつき校正許可を頂けました。

正直、これ以上ご連絡がつかなかったら締め切りに
間に合わなくなる恐れも出ていたので、少し焦っていました。
苦肉の策として「(卒業した学部は違うけれど)大学の先生に
お願いしてどなたか神道科の方を紹介して頂こうかしら」とまで
思っていました。専門分野に長けている人に見て頂けたら、
作品的にはそれで大丈夫だろうと思ったからです。

しかし一方では、今まで取材で関わってきた方々から
「大國魂神社に許可を頂いた方がいい」と言われていたので
粘り強く交渉していく必要があるかもしれない、とも考えていました。
なので神社から「校正許可」のご連絡を頂いた時は、正直
「良かった」と「間に合いそうだ」と言う両方の気持ちでホッとしました。

肝心の内容に関しても、当初は修正作業が「難航するかも」と言う
懸念がありましたが、思っていたよりもスムーズに折り合いがつきました。
実際に神職の方に見て頂くと、私が勘違いして描いた危ない箇所が
多くある事も判明しました。時間はかかりましたが、それだけの
価値がある作業でありがたかったです。そしてどうにか無事に
「取材協力・大國魂神社と記載しても良いですよ」と言って頂けた頃
季節は10月半ばに差し掛かっていました。

ようやく原稿の下書きが全て整ったので、ここから一気に
清書(ペン入れ)作業が始まります。

(イラストは青年会主催の万燈大会の図。お祭りの華です)

nice!(0) 
前の1件 | -